計量器の校正とは何かを探る

計量器の校正の必要性とは

計量器というのは、ものを計るために重要となるものです。日本の技術が繊細で正確であるのは、この計量器の力なくしては実現できなかったと言っても過言ではなく、その背景には定期的に計量器の校正というものが行われているからなのです。
計量器の校正とは、一般的にはあまり聞き覚えのない言葉ではないでしょうか。計量器の校正には標準器を用います。計量器の表示する値と標準器が表示する値に信頼性があることを証明することができます。この計量器の校正を行うことで、計量器の値が正しいということを証明し、その品質に保証が与えられるのです。この計量器の校正は定期的に行わなくてはなりません。もしも行わない場合は、計測器の値が正しいというデーターがないため、確認がとることができず、その期間の製品に関しては保証が出来なくなってしまいます。
校正しないという方法も取ることができますが、それには校正しなくても製品は絶対的に安心だという根拠を証明しなくてはなりません。納得できるような安全性がある場合は校正を行わなくてもよいのですが、実際には第三者に製品の安全性を理解してもらうのは不可能であると考えられており、計量器の校正は義務と認識しておくことが大切です。

計量器の校正とは

計量器というのは、製造業などにとっては必要不可欠なアイテムではないでしょうか。この計量器があるお陰で日本の技術力というのは、世界中で認められるものとなっています。
しかし、計量器だけではここまでの正確な数値を表すことは不可能だといえ、計量器は校正を行うことで、その正確性を高めています。では、計量器の校正とはいったいどのようなものでしょうか。計量器の校正は標準器を用いて、その数値が正しいか否かを計ります。計量器校正というのは、計量器が正しく機能をしているのか、それを調べることを示します。それだけのことなのかと思われる方も多いとは思いますが、この計量器校正を行わないと、その品質の安全性というのを保証することが出来なくなってしまいます。
計量器校正を行うのは、基本は計量を行う前後の2回とされています。計量器校正を行って計量を行うことで、これから計量するものの正確さを証明することとなり、終了後にもう一度行うことで更なる証明へと繋がりのです。この計量前後の校正というのは義務となっており、行わない場合は、計量の正確さを保証することは出来ません。計量器校正は、計量が本当に正しいものであるかを証明することができる唯一の手法となっています。

本イベントでは、計量器の展示、計量クイズ体脂肪付体重計体験コーナー、小学生の棒はかり製作コーナーなどを実施します。 検査機器は品質の信頼を保証すること、製品の品質や信頼を得るために様々な検査機器や測定装置が検査に使われています。 計量器の校正のご案内はこちら

おすすめ記事

カテゴリ:校正で得られるメリット

校正をすることで得られるメリット

計量器の校正を行うことで発生するメリット 電子部品工場で製品を作る際に何度も計量器を使います。使う用途は主に部品の重さを調べるためですが、少しでも重いと完成にこぎつけないので計量器は工場内で…

くわしく見る

カテゴリ:計量器の校正とは

計量器を正しく使用するために必要な校正

計量器の校正とは何か 物の重さをはかるために用いられる機器のことを計量器といいますが、万が一、その計量器に不備な点があったり正確さに欠けているなどの不具合があった場合、その計量器を使用した作…

くわしく見る