なぜ定期的な校正が必要なのか

機器の校正が必要な理由

計量器は、様々なところで使われています。医療現場では、体重計はもとより、薬剤の調合をする際にも必要になります。
使う際に気を付けなければいけないのは、計量計を使って年数がたってくると、劣化により少しずつ実際の重さと誤差が出てきます。用途によっては多少の誤差が許される仕事もありますが、全く誤差が許されない場合もあります。
誤差をなくすために校正が必要になります。校正に関しては、家庭で使うような簡単な体重計などについては、自分で校正することが出来ますが、精密機器に関しては、校正業者に校正してもらう必要があります。校正することにより、機器の正確さが担保されます。校正していれば、計量器の値はまず信頼して良いです。
私自身、校正されていない計量器を使って失敗したことがありました。ポスティング用のチラシの枚数を数える際に計量器を使って、全体の重さから一枚の重さを割って枚数を出すようになりますが、校正しておらず不正確な計量器を使うと、枚数に大幅な狂いが出ます。
ポスティング用のチラシは、紙であるため一枚あたりのずれが少なくても枚数が多くなるため、全体のズレは大きくなります。校正という作業は地味ですが機器の信頼を保つためなくてはならない作業です。

定期的に行われている計量器の校正

医療機器メーカーは、商品を製造する際に重さを測る目的で計量器を使用することがあります。正しい重さが表示されないと次の工程に移れないので、小さい単位まで結果が出る物を使っています。ただ、一定期間が経過すると計量器の表示結果がずれることもあるので、その対策として校正をしています。
校正をする業者を呼ぶのは、3年に1度の所もあれば2年周期にしている企業もあるなど色々です。どれが最適かは一概には言えませんが、日本の計量器は滅多に誤差が生じないので、数年に1度で丁度いいのかもしれません。

電子部品を作っている工場は、重さが規則通りになっているかを知る目的で計量器を使います。定められた通りでなければやり直しとなるので、緊張感が漂う作業です。
作業で何度も使っているので、計量器は定期的に校正をしています。校正の周期については、1年に1回くらいの頻度に設定している所が多いです。周期が短めなのは利用機会が非常に多いからです。

計量器の校正は定期的に行えば、生産体制を維持できたり製品の出荷数を伸ばせたりするなど、良い面が色々期待できるのが特徴です。計量器を使う企業は今後も増えていくと予想されるので、校正が行われる場面も益々増加することでしょう。